« Dramatic Cinema | トップページ | アップ! »

2012年6月11日 (月)

東京駅お忘れ物預り所5

こんにちはsign01

ついに関東も梅雨rainに入り

僕がもっとも苦手な時期がきましたdown

毎年やってくる梅雨を

何か工夫をして快適に過ごせることは

無いのでしょうかねぇgawk

まぁ雨が降れば家でテレビを見るのが

一番ですねsign03

7月7日、七夕の日に

『東京駅お忘れ物預り所5』が

放送されますscissors

この前のブログでの写真はその時に

撮った写真でしたcamera

ぜひお見逃しなくhappy01

|

« Dramatic Cinema | トップページ | アップ! »

コメント

マネージャーさん、いつもありがとうございます。 
7月7日楽しみにしてます。

毎年夏になると櫻井さんの本格デビュー「誘惑の夏」を思い出します。東海3県(特に愛知県)の小中高生(女子がほとんど)が塾やお稽古や学校でドラマのストーリーをああだこうだと話していたものです。勿論、大人も観てましたけど。
櫻井さんは初々しい乙女(表現が古い?)で演技は粗削りながら、必死に恋に生きているヒロインで、もどかしい程不器用で純粋で・・相手の根性悪そうなホスト役も(母を思うゆえのヒロインの父へ)の復讐で恋の罠にかけるも、ヒロインの純粋さにほだされて、いつの間にか真実の恋に目覚め苦悩するという。昼ドラはずっと20年以上観てますが、きれいごとだけではない愛の形で私の中では一番好きな作品です。相手役さんも演技が荒削りでしたが。

 そちらが青春篇なら「美しい罠」は大人編~櫻井淳子シリーズでしょうか?毒姫とわたしは現代版?
美しい罠は人生の甘いも酸いも知りすぎたヒロインの哀しい人生と愛が・・意地っ張りながら痛々しく愛を求める姿が何とも切なかったです。こちらの方が櫻井さんも演技が上手くなっていて、周りも麿さんや剣さんと豪華な雰囲気と舞台のようなセットで迫力はありました。総合評価ではこちらの方が断然上だと思います。殆どの方はこちらの方が良いと言うでしょうけど、でも私にとっての最高傑作は「誘惑の夏」なんです。上手く言葉に出来ないけれど、自分が類子さんのように恋愛経験が豊富でないからか?誘惑の夏の方が好きです。駆け出しだったけど、必死で演じる櫻井さんの姿が強烈に目に焼き付いているからかもしれません。若いだけが全てではないと思うけれど(歳を経て豊経験と人間性が深まることもあるし)、若さゆえの魅力に満ちていました。

毎年夏になるとドラマを思い出しながら、youtubeで主題歌の「24時間の神話」を聞いています。
もう自分は20歳以下の若さはないけれど、初恋ってこういうものかな?と思いながら。NHKのドラマ「はつ恋」も中園ミホ先生でなかなか面白いですよね。


投稿: すずらん | 2012年6月26日 (火) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dramatic Cinema | トップページ | アップ! »